9/5(金)銀狐JAZZ LIVEやります。広瀬未来 川本睦子 高橋知道 藪下学 手島甫

銀狐の初めての音楽イベントとして、9月5日(金)に、すばらしいJAZZ LIVEを開催することになりました。

jazzやりますコン!

jazzやりますコン!

広瀬未来(トランペット) 川本睦子(ヴォーカル) 高橋知道(サックス) 藪下学(ギター) 手島甫(ベース) .
素晴らしいジャズメンとディーバを迎えて初めての銀狐で行うジャズライブ。銀狐の美味しい料理と素晴らしいJAZZの立ち飲みディナーショー!
1st 18:00
2nd 19:30
3rd 21:00

チケット
フルセット
前売り ¥4500(1プレート+3ドリンク)
当日  ¥5000(1プレート+3ドリンク)

1ステージ のみ
前売り ¥2000(1プレート+1ドリンク)
当日  ¥2300(1プレート+1ドリンク)

当日、続けて次のステージを見たい方は
X1st ¥1500(1ドリンク)

チケットにはお料理とワンドリンクとすばらしいJAZZがついていますご予約受け付けております。フルセット又はどのセットに参加されるかをお知らせください。よろしくお願いします。

銀狐電話 078-855-7727

facebook イベントページ → https://www.facebook.com/events/720178651381317

 

参加ミュージシャン

広瀬未来(トランペット)

広瀬未来

広瀬未来

広瀬未来(Trumpet, Flugel, Compose, Arrange)
1984年生まれ。甲南中学入学と同時にトランペットを始める。トランペットを嶋本高之氏に師事。在学時には、[Jazz For Kids]において、渡辺貞夫と共演、そして「2000年関東スチューデントジャズフェスティバル」では、個人賞を受賞する。 高校卒業後は関西のライブハウスを中心に、自己のグループや、ベーシスト宮本直介のバンド、 [Naosuke’s Hip Bop]などで活動する。そして2002年、中山正治ジャズ大賞を受賞。同時に、なにわ芸術祭新人奨励賞も受賞。同時期に、DJ TANINAKA, DJ Ful, MC D-sk, からなるHip Hop Group [blue CONTROL]にも参加。その他、Global Jazz Orchestra にも参加する。
2003年10月New Yorkに渡る。ニューヨーク市内の数々のライブハウスに出演しAndy Guthrie の”Milk And Waste”のレコーディング、ポニーキャニオンから発売された塩田哲嗣率いるSfkuankのレコーディングにも参加する。 2006年、日本に活動拠点を移し、日本各地のライブハウスで演奏する。2007年には関西若手ジャズミュージシャンの集まりからなるJazz Lab.のコンピレーションアルバムJazz Lab.に、Hirose Miki Quintet、そしてProducerとして参加する。

川本睦子(ヴォーカル)

川本睦子

川本睦子

広島市出身。

詩吟の総師範だった祖父と、美空ひばりを敬愛する母の影響で幼少のころからマイクを離さなくなる。

小学校時代3年間をニューヨークで過ごす。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)軽音楽部でヴォーカルをはじめ、ニューヨーク短期留学をきっかけにJazzに傾倒。

学生時代から関西を拠点にライヴハウス・イベントでプロ活動を始め、若手ジャズシーンを盛り上げるJazz Lab.プロジェクトの中心メンバーとして活躍する。

2008年、自身のリーダーバンドである『ムツカルテット』にてCDデビュー。20代の持つ新しい感性によるJazzは今なお高い評価を得ている。

2009年に長女を出産し、活動を休止。2010年に広島に拠点を移す。

2012年、日本を代表するジャズギタリスト竹田一彦トリオとライブレコーディングしたソロデビュー作『ライブ・アット・ミスターケリーズ』を発売。各メ ディアから称賛を受け、J-JazzポータルサイトJazz Page人気投票では2012年度女性ヴォーカリスト部門第1位に選出される。

2013年11月、Thelonious Monk Jr.がサポートするOsaka Asian Dreams Jazz Competition 2013セミファイナリスト。

2014年4月にはアメリカ・ニューオリンズのフレンチクオーターフェスティバルに、神戸ネクストジャズコンペティション受賞者とともに出演。

これまでにジャズヴォーカルを溝口恵美子、Cathy Segal-Garcia、Carol Fredette、ヴォイストレーニングを磯野久仁子、Justin Stoneyに師事。

現在は故郷の広島に拠点を置き、「ジャズじゃけん広島」を主宰。情報発信や「湯来ジャズフェスティバル」や「フラワーフェスティバルジャズステージ」を立ち上げるなどジャズの普及に積極的に動いている。

また、豊富な語学知識を活かした発音主体の独自のレッスンやワークショップを展開しており、全国各地に生徒を持つ。広島市中心部に教室「Muzic Jazz Singing」を開いている。

美しく繊細な表現と力強いスウィング感を合わせ持つ、本格派のジャズヴォーカリストである

高橋知道(サックス)

高橋知道

高橋知道

広島県出身。高校入学と同時にテナーサックスを吹き始め、スチューデントジャズフェスティバルにおいてバークリー賞を受賞。ボストンにあるバークリー音楽学院のサマープログラムに無償で参加する権利を得る。
卒業後は大阪に移り住み、大阪音楽大学に入学。サックスを土岐英史(Alto Sax)に師事。在学中からプロ活動を開始し、宮本直介クインテット、嶋本高之アンサンブル・ラボなどのバンドに加入。 2003年に行われた「第一回守 口・門真ジャズコンテスト」ではグランプリ、オーディエンス賞、ベストプレーヤー賞とすべての賞を受賞する快挙を成し遂げた。2004年の「浅草ジャズコ ンテスト」でもバンド部門でグランプリを受賞。2007年には自身のバンド「Bring Station」でデビューアルバム「Brother」をリリース。 同年9月、ニューヨークへ移住。多数の現地のミュージシャン達とセッションを重ね、 2008年8月に帰国。2008年10月に行われた「第二回神戸ネクストジャズコンペティション」でグランプリ受賞。
2010年には新たに結成した自己のバンド、「New Impressions」でアルバム「Blues for Pleasure」をリリース。 現在は関西を中心に自身のバンド、アロージャズオーケストラなどで活動中。レッスンも行い後進の指導にもあたっている。

藪下学(ギター)

藪下学

藪下学

1986年生まれ。神戸出身。高校在学中よりジャズギターを柴田達司氏に師事。2003年、バークリー音楽大学奨学金試験に合格。
2004年大阪音楽大学短期大学部ジャズコース入学。2006年に卒業。卒業後は関西のライブハウスを中心に活動。2011年より大阪音楽大学演奏員として後進の指導にもあたる。
2012年自身のバンド、Gaku Yabushita Groupでデビューアルバム「Big Bang」全国リリース。 現在は「Gaku Yabushita Group」での活動や、タンゴグループ「TactTango」などジャズだけにとどまらずさまざまなジャンルで活動中。

手島 甫(ベース)

手島 甫

手島 甫

1991年生まれ。東京都出身。中学からエレキベース、高校からウッドベースを始める。
高校卒業後、関西に移り住み甲陽音楽学院に入学。ウッドベースを上山崎初美氏に、エレキベースを福栄宏之氏、坂崎拓也氏に師事。また、クラシックの奏法を田中寿代氏に師事。在学中からプロ活動を始める。
甲陽音楽学院卒業後は関西を中心に様々なバンドで活動し、過去にはエディ・ヘンダーソン、ボビー・シュー、エリック・マリエンサルなどと共演。